컨텐츠 바로가기
  • [試験の概要]
■ KLAT(Korean Language Ability Test)とは?
KLATは、大韓民国政府(文化体育観光省)が認許・管理する財団法人韓国語能力評価院が主催し、韓国と世界各国で実施している韓国語の語学力を評価する試験です。
韓国と世界各国で実施している韓国語の語学力を評価する試験です。韓国語を外国語(第二言語)として学ぶ人の韓国語によるコミュニケーション能力を評価するために体系的に作られており、学習者はKLATを受験して韓国語のレベルを確認し目標を設定することができます。

■ 次のような人がKLATを受験しています。
◦ 韓国語を外国語として学ぶ学習者
◦ 韓国の大学や大学院に進学を考えている人
◦ 韓国企業への就職や韓国に関わる仕事に就きたい人
◦ 自分の韓国語能力を客観評価したい人

■ なぜKLATなのか
KLATは、学習者が韓国語を使って基本的な生活ができるか、韓国語を使って社会生活ができるかを評価する試験です。韓国の企業や公共機関に就職したり、韓国の大学や大学院に進学を考えている人が、韓国語で専門業務に携わり、専攻分野で学ぶだけの韓国語能力を持っているかどうかを評価します。また、学習者はKLATを通じて標準的な韓国語を学び、韓国文化に対する理解を深めることができます。

■ KLATはどう作られているか
* CEFR*(ヨーロッパ外国語共通参照枠)にもとづいた実用的な韓国語能力を評価します。 *Common European Framework of Reference for Languages
* 韓国語コミュニケーション能力のさまざまな側面を評価します。
* 日常会話や実際の言語資料を使い、現実を反映した実用的な言語能力を評価します。
* 総合的なコミュニケーション、社会生活で行動する能力、具体的な言語活動など、言語能力のさまざまな側面を包括的に評価できるめやすにもとづいて評価します。
* 受検者の便宜を考慮し、レベルごとに異なる評価領域を用います。
* 初中上級レベルを基本に試験の点数もわかるので、受験者の得意分野と苦手な領域がわかります。
* 主な英語試験中国語や日本語の能力試験と比較しながら、韓国語のレベルを評価できます。
* 専門家による長年の問題作成と審査を経て蓄積した体系的な試験問題データを活用しています。
* 紙ベース(PBT)とコンピュータベース(IBT)の試験を実施しています。
* オンデマンド型試験を含む出張試験を実施します。

■ レベルごとの言語能力
* B-KLAT基礎:学習時間150-200時間の学習者のための、最小限の言語使用能力
* KLAT初級:学習時間200-400時間の学習者のための、基礎的な言語使用能力
* KLAT中級:学習時間400-800時間の学習者のための、自立的な言語使用能力
* KLAT上級:学習時間800時間以上の学習者のための、熟達した言語使用能力
* KLAT-Pro:韓国の大学や大学院へ進学する人や専門職に就く人の言語能力を評価する試験(近々導入する予定)


■ KLATはこんなふうに活用されています
* 韓国の大学への進学や編入、韓国企業で就業する人の評価試験
* グローバル企業における外国人社員の選抜やプロモーションの指標として
* 韓国の大学・大学院における留学生の選抜と中間∙期末試験の評価試験
* 韓国政府と関連機関などにおける外国人研修生を選抜するための評価試験